スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんか描こう!

かぽーん

何故ならペンタブを新調したから!

前のが結構動きが酷くなってきていたので家でゴロゴロしてるんだったらペンタブ買ってきなさい。と心の中の僕に言われたので買いに行って来ました。

初めは普通にintuosでも買おうかしら、なんて考えていましたが店頭で液タブを発見して「これが噂の…!」(別に噂になっていないのは置いといて)試しにいじってみる。と何コレ!素晴らしくない!?状態。ヘブン状態。

だって思った通りの線を思ったとおりのところに引けるんですよ!(当たり前)
手元と画面を行ったりきたりしなくていいんですよ!ずっと俯き加減の人生でいいわけですよ。まさに僕にぴったりじゃないですか。どういう事だ、と。

でもこういうのってお高いんでしょ?なんて奥様ぶって値段をちらり。
新機種(21インチのワイドのヤツ)がある事もあって約13万→\99,900-!!あらお得!
予算は5万くらいで見積もっていたもののこれを見てせこせこと近くのコンビニのATMへ駆け込む。カードで買えばそんな事しなくても、という声もおありかと思うが、なんか怖い事に巻き込まれそうな気がしてあまり使わない人。現金至上主義。

ていうか衝動買いにも程があるよね。お店にとっていいカモだと我ながら思いますわー。
パラサイトシングルパワーの成せる業。

買ってほくほくした気持ちで帰ったあと早速接続。
もうね、機械音痴だわ。
デュアルモニターみたいな形式になるわけなんだけどもう「あれ?動かないよ」みたいのを頻発。
原因がわからず隣の部屋でエロゲやってた兄に聞いたら一発で解決したというだめっぷり。

でも無事に接続完了わーい。
これでアナログで下書きとかしないんじゃね?全部デジタルじゃね?計画を実施。

人間ってさ、分をわきまえる事が大切だよね。礼節っていうかさ。
そうそう上手くいかないからさ。こういうのって。

これからもシャーペンと原稿用紙は手放せそうにありません。

まあそんなこんなしつつ落書きとして七咲可愛いよ七咲うぇーいとか言いながら描いてみる。時間は大分短縮できるねコレ。だって前のペンタブってファンクションキーさえまともについてないんだもの。

って事でなんか久しぶりに書いて見ました日記を。次はいつかな。
スポンサーサイト

切断カーニバル

DVDで映画のSAWを見ました。
至って特にビビッたとかいう感想はないつもりでしたが、夢の中で右足の親指以外全部切断される夢を見ました。
朝起きたらちゃんと繋がってました。
継ぎ接ぎ部分もちゃんとないです。


あと水洗用トイレの便器いっぱいにホワイトシチューが入っている夢も見ました。
しばらくホワイトシチューは食べれなくなりそうです。

生きるほうが戦いだ

アリナミン

相変わらずの風邪ひきですが、ティアまで時間もないゆえうだうだ言っていられない現状。
とりあえずアリナミンを買ってみました。土日で2日分。
これであと3年は戦える。


2日分だっつの。

よくわからんウラロジズム

突然ですがウラロジの住まいは23区内です。
ただし実質的な意味でも金剛番長的な意味でも誇れる区ではありません。

あんまり栄えてないので渋谷とか新宿とかとは対照的に夜中は死んだ町、とか爆睡してる町とかそんな表現が正しいです。

そんな中を今日ウラロジはCDの延滞料金を取られたくないばかりに真夜中の町を自転車で駆け抜けました。盗んだバイクで走り出さないあたりがとてもアダルティーです。

しかしそんな町でも意外にぽつぽつと出歩いている人がいるのがいささか驚きでした。
ていうか近くに飲み屋もないのに道端で寝ているスーツ姿の男とかいました。
あまりでかくないマンションに一人夜通し警備員を配置しておくとかオーバースペックすぎないか?とか思ってました。
高校正門前で何故か会議机を用意してまるで受付のように振舞っている三人組の男もいました。

そうなった経緯がさっぱり僕にはわかりませんでした。
けれどそういう中にこそストーリーに大切な意外性が秘められている気がします。

想像することって大事ですね。
誰もが人の痛みを想像できるようになればこの世界は平和になるかもしれません。

ゴミという言葉のない世界とか、蛍のいる渋谷とか公共広告機構曰く、想像できる世界は実現できるらしいので、要は想像しなきゃ何も始まらないというお話ですよ。


まあ、酔っ払ってる時に日記書くとロクな事にならねいというお話。
いまこのテンションでTo LOVEる読んでみたら超面白かった。ダメさ加減がよく伝わりましたね。おやすみなさいzzz

正念場

さて、ウラロジは現在一般的ないわゆるサラリーマンをしているわけですが。

少々特殊というかマニアックな「分析」業界という部類に属してます。
詳しく知りたい方は「ガスクロマトグラフ」でググってみてください。

で、その分析業界では年に一番のお祭り、分析展などというものがもようされます。
連日呑むとか言ってます。
下手すると家に帰れないとか言ってます。

ナメンな、というお話ですね。

帰りたい、帰りたい、お金なんかはちょっとでいいのだー。とまあユニコーン的な気分なワケです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。